【感想レポ】「NEW GAME!」ファン感謝イベントに参加しました

2月12日、『NEW GAME!」ファン感謝イベント~Next Level~』に行ってきました!

夜の部は17時30分開場だったので30分前ぐらいにつけばいいかなと思ってたら京王線が少し遅れてたため、他の電車に乗り遅れて10分前に到着。

実はきらら系のイベントはこれが初めてだったのですが、驚異の男率。というか男しかいなかった。あととにかく寒かった。海の近くなので当然ですがめちゃくちゃ寒かったです。

今日は物販で何も買わないと決めていましたが、スタッフさんの「物販商品には限りがございますのでイベント前のご購入をおすすめします」という声を聴いてしまいタオル(2000円)を購入。意思が弱すぎる。

とりあえずイベントの様子をレポートしていきたいと思います。思い出しながら書いているので多少ふわっとした感想レポになりますがご了承ください。

イベントの感想・レポート

18時30分、主人公・涼風青葉役の高田憂希さんのナレーションで夜の部開演。 ナレーション中に他のキャストさんたちにわき腹突かれたりしてたらしいです、ほほえま。

司会は双子コーデで登場した茅野愛衣さんと日笠陽子さんのお二人。それを見た喜多村英梨さんが「NHKと民放の女子アナ」という的確な表現をして会場では大うけ(どっちがどっちかはご想像にお任せします)。

個人的に阿波根うみこ役の森永千才さんの自己紹介が面白かったです。森永さんはあんハピ♪のチモシー役でもあるのですが、地声が完全にチモシーという超特徴的な声の持ち主で、自己紹介しただけで会場から笑いが漏れ、森永さん本人は「なんで笑うのー」と困惑してました。

振り返り・クイズコーナー

最初のコーナーは作者・得能正太郎先生などの思い入れが深いシーンの振り返り。得能先生は1話の冒頭のシーンをチョイスし、氏曰く「自分の作品がアニメ化するのは初めてだったため何回も見た」とのこと。高田憂希さんによる即興での1話冒頭の独白の再現も見られました。


続いてアニメのシーンを使った「マニアッククイズ」のコーナー。竹尾&戸田チーム、高田&山口チーム、喜多村&森永&朝日奈チームの3チームに分かれて、クイズ形式でフリップに答えを書いていくゲームが始まりました。 1問目は青葉が会社で使用している時計がどんなものだったかという出題。最初からネタに走る喜多村&森永&朝日奈チーム以外は「スイカ」と回答し正解。

2問目は青葉とねねがメッセージアプリで使用しているスタンプがどんなものだったかという問題。喜多村&森永&朝日奈チームが「熊がスライディングしているスランプ」と共に巨乳化された日笠さんを描き、日笠さんをワッショイする汚い作戦。狙い通り通常よりも多めのポイントをゲット。

3問目は青葉が日曜出社し駅に降り立った時、動物園へ向かうモブの家族が口に出した動物はなんだったかという問題。高田&山口チームが頭部が日笠さんで胴体がキリンというキメラを描き笑いを取っていました。

お約束の1兆ポイントが用意された最終問題。りんがコウのお家で使っているエプロンの柄を当てるというものでした。高田さんと山口さんチームが再び顔は日笠さんで胴体がひよこというキメラを描いたのですが、キリンを上回る不気味度だったため会場全体からどよめきが起こってました。

最終問題の結果は会場の拍手の大きさで判定ということで最後のキリンでどよめきを起こした高田&山口チームが1000000000100ポイントで勝利!

後ろのモニターに数字が表示されていて仕事が早い!と日笠さんが褒めチラっと舞台袖を見るとスタッフさんがドヤ顔していたそうです。

ちなみに「勝っても何ももらえない」というのは日笠さんの談です。

朗読劇(即興劇)

次に朗読劇のコーナー。開催時期がバレンタイン間近ということでバレンタイン関連の朗読劇をやるのかなと思っていましたがまさかの節分。大きなディスプレイに映されたSDキャラに9人のキャストさんたちが声を当てていきます。

劇は青葉が昼食を買うついでに豆を買ってくるところから始まりました。「でも床に豆を散かすと怒られちゃうからおやつ代わりにしよう」と話していると、上司のしずくさんが登場。豆まきをしようと提案し、なんだかんだでしずくさんが鬼役に…という内容。

しずくさんが鬼役ということで喜多村さんが待ってましたといわんばかりのアドリブフルスロットル。マメちゃんという愛称の山口愛さんに「マメちゃんのおまめちゃんを…」といいながら詰め寄っている姿は完全にしずくさんでした。

次にりんさんが鬼役になりプルプルしながら豆を受けてました。茅野さんがとっても可愛かった。最後はひふみが鬼役でしたが、これには謎のエロスがありました。会場から生唾を飲む音が聞こえてきましたよ。うん。

豆のお片づけ中にしずくの飼い猫であるもずく(喜多村さんの兼役)が登場。もずくの演技中に突然喋りだしてキャスト陣を困惑させていました。

最後は喜多村さんを中心に「日笠はー外ー、福はーうちー」のコールが会場全体で起き、最後まで日笠さんが弄られてました。

ラジオ出張版コーナー

ここで「fourfolium」の4人はライブコーナーへの準備のため一度離脱。

茅野さんと日笠さんのアニラジ「RADIO NEW GAME! ~コウとりんの進捗報告会!」のコーナーである「先輩に話してみなさい!」をキャスト5人でやるというコーナーが始まりました。箱の中に入っている感情が描かれたボールを取りその感情に沿ってお悩みを解決するというもの。

まずはゆん役・竹尾歩美さんの「事務所の先輩、果ては産みの親に聴いても好きなキャラがひふみとしか帰ってこない」というお悩み。最初に例として茅野さんが優しい励ましの言葉をかけ会場全体にほんわかムードが漂いました。その後ひふみ推しの喜多村さんはひふみを米、ゆんをジャンクフードに例え、「茅野茅野茅野茅野たまに日笠みたいな…」という大雑把な回答をし再び笑いを取っていました。

次にはじめ役・戸田めぐみさんの「SAKURAスキップの『めぐりめぐってEveryone』の振り付けを会場のみんなに教えてあげて」というお悩み(?)。実はこの振り付けは日笠さんに頼まれて喜多村さんが考えたものだそうで、喜多村さん森永さん朝日奈さんの3人が前に出て振り付けをみんなで練習。

振り付け練習の最後に喜多村さんから「『何かが待っているのかな』のコールを『fofofofo』から『ぞいぞいぞいぞい』に変えてください!」というお願いがありました。

ライブコーナー

喜多村さんの「ぞいコールお願いします!」という発言の後「fourfolium」が登場。 まさかの公認ぞいコールで会場の熱気は最高潮になっていました。 セットリストはこちら(3曲ですが)。

  1. 『ググッとワーク☆彡』
  2. SAKURAスキップ
  3. Now Loading!!!!

ぞいコール要求からのググッとワーク☆彡というオチつきでした。

SAKURAスキップ』では大きいぞいコールが起こっていて本当に楽しかった。ラスサビ前で高田さんがぞいコールを聴きたくてイヤモニを外し、その後のラスサビの歌いだしを間違えてたのがとても可愛かったしグッときました。

歌って踊りながらの歌なのでCD音源とは違う生歌を聴けて本当に嬉しかったです。 イベントを通して最高潮の盛り上がりでしたね。ペンライトを忘れたのだけが心残り…。

第2期制作発表

そして第2期の制作発表です。

昼の部の時点で2期制作決定は発表されていたので、夜の部の私たちにそれほど驚きはなく、どちらかというと「待ってました」という感じでした。それでもこの瞬間をみんなで分かち合えて本当に良かったです。

どうやら昼の部と夜の部で演出が違ったようで、キャストの皆さんも少し驚いていました。この時点で既に戸田さんがウルっときてました。

最後の挨拶

そして最後の挨拶。皆さん思い思いの言葉で涙を浮かべながらファンに感謝を伝えてくれました。

個人的には飯島ゆん役・竹尾歩美さんの「声優はキャラクターに魂を吹き込むと言うけど、私はゆんに魂を吹き込んでもらった」というコメントが印象に残っています。

ゆんは竹尾歩美さんが三重県出身ということで、キャラ設定自体が関西出身から三重県出身へ変更になったりと、キャラクター側がキャストさんに寄せていくことエピソードもありました。またNEW GAME!の楽曲が初めてのレコーディングだったらしく思い入れも深かったのではないでしょうか。 トリを任された青葉役の高田憂希さんも涙を浮かべながら感謝の言葉を会場全体に届けてくれました。

最後は「fourfolium」を残して5名のキャストが一足先に舞台から姿を消し、残された4名がユニットとして最後の挨拶。

挨拶を終えて「SAKURAスキップ」のオフボーカルverをバックに舞台袖に戻るシーンでも最後まで高田憂希さんが歌っており、ぞいコールも起こって最後は皆さん笑顔で舞台袖に戻られました。

ちなみにコンサートテープにはキャスト全員からのメッセージがつづられていました。

まとめ

というわけで『「NEW GAME!」ファン感謝イベント~Next Level~』の感想レポでした。

1作品としての単独イベントはこれが初参加だったのですが、予想以上に会場に一体感があって凄く楽しかったです。第2期製作発表という重大な情報を声優さんやファンと一緒に分かち合えて本当によかったと感じます。これで錯乱して電車に飛び込む人が出ずに済むんだね!

最後にキャストの皆さんや作者さん他のツイートです。

関係者方のツイート