とりあえず聴くべきおすすめのナナシス曲TOP10!

2017年1月15日になんばHatchで行われた「t7s LIVE -INTO THE 2ND GEAR 2.5」!
豪雪で約1時間半遅延の中、新幹線で新大阪へ向かいライブに参加してきました!

2ndライブ終了後に「Tokyo 7th シスターズ」に惹かれた私としては、やはりこのタイミングでライブに行きたかったのです。大きな出費となりましたが良い経験になりました。

友人などに「ナナシスのライブに行ったよ」と言うと「タイトルは知ってるけど曲は聞いたことない」という人が多く、おすすめの曲を聞かれることが多かったため、初心者ながら健忘録も兼ねてナナシスのおすすめ曲TOP10を作ってみました。

正直ナナシスの楽曲はどれも素晴らしい名曲揃いなので、本心を言えば全部聴いてもらいたいです。今回はナナシスへの入り口としてポップな曲を多く選びましたが深く考えずに見ていただければと思います。

【独断によるナナシス楽曲TOP10】

【10位】TRIGGER - The QUEEN of PURPLE

2016年10月にデビューした新ユニット「The QUEEN of PURPLEQoP)」のデビューシングルに収録されている楽曲です。

もちろんナナシスはアイドル作品なのですが、最初からアイドル売りではなく「バンド」を意識した潔い明確なビジョンがあり、とても好感を持てました(QoP自体も十分アイドルなのですがその辺は是非ストーリーを読むと納得できます)。

個人的にはBメロへの入りがたまらないです。イントロの「uh…」はめちゃくちゃセクシー。全体を通してドラムは最高にカッコいいです。騙されたと思って聴いてみて欲しい一曲ですね。

ちなみにボーカルの越前ムラサキの声優を務める野村麻衣子さんは、 2017年2月現在Wikipediaの記事がない本物の新人声優さんです(3rdライブ後に作成されたようです)
所謂キャラ声での歌ではないですが、これがナナシスの良さでしょう。

【9位】PRIZM♪RIZM - WITCH NUMBER 4

PRIZM♪RIZM カテゴリ: アニメ

テクノ(エレクトロ)ポップユニットとして結成された「WITCH NUMBER 4」は他の楽曲も非常に人気ですが、その中でも特にテクノポップ感が強い「PRIZM♪RIZM」をご紹介します。

イントロで心を掴みに来て、Aメロでガッチリホールドされるような感覚に陥るテクノポップ調の根強い人気曲です。サウンドや歌詞は少し寂しさを感じさせますが、サビ部分ではしっかりと持ち上がる辺りがキモチイイですね。

どちらかと言うとしっとりした楽曲が多い「WITCH NUMBER 4」ですが、テクノポップが好きな方や、しっとりした気分の時に少しブルーの入った歌を求めている方が聴くと本当に惹かれると思います。

ライブではAメロの部分でコール&レスポンスが起こりめちゃめちゃ楽しいです。

【8位】You Can't Win - NI+CORA

8位は天堂寺ムスビ(CV.高田憂希)とアレサンドラ・スース(CV.大西沙織)のデュオである「NI+CORA」のナンバーです。

アイドルポップ調ながら激しめなサウンドで2010年代のアイドルシーンを髣髴とさせる楽曲。子供から大人になりかけの女の子の気持ちを描いたものになっています。1970年代のガレージロックを意識して作られた楽曲らしいのですが、オタク層にもヒットするオールラウンダーな曲ではないかなと思います。

ライブでの振り付けはかなり激しく、高田さんと大西さんが踊りながら披露した歌はしびれました。ばっきゅん!

【7位】お願い☆My Boy - SiSH

3人組ユニット「SiSH」の中では唯一女子視点からの楽曲で、好きな男の子への初心な女の子の気持ちをつづったテクノポップです。

SiSH」は「WITCH NUMBER 4」と同じくテクノポップ調の楽曲が殆どですが、こちらの方がより確立されたテクノポップユニットです。また「WITCH NUMBER 4」と比べると年齢的に少し上をイメージして結成されたユニットでもあり、それは他の楽曲からも伝わってきます。

テクノポップというのはどの時代に聴いても近未来感を感じられる不思議なジャンルで、ナナシスという作品が2034年を舞台にしているという点からしても、とくに引っかかることなくスッと入ってくるトラックでした。

【6位】FALLING DOWN - セブンスシスターズ

6位は作中における伝説的なアイドルグループ「セブンスシスターズ」の4つ目のナンバー。『SEVENTH HAVEN』のカップリング曲であり、同楽曲に負けず劣らずの高まれる曲です。

Bメロ→サビへの加速が心地よいです。これがエモいって奴なんでしょうか。

Oasisに同名の楽曲がありますが無関係です。

【5位】Behind Moon - Le☆S☆Ca

5位は青春がテーマの3人組ユニット「Le☆S☆Ca」が歌う『Behind Moon』です。

『Behind Moon』は失恋をテーマにした楽曲であり、ゆったりとしたテンポで耳に馴染みやすい懐メロのようなトラックになっています。

Le☆S☆Ca」の楽曲は、声優さん方にキャラ声で歌わなくていいというディレクションが入っているようで、キャラ声ではなく声優さん自身の歌声がより強く出されているのが特徴です。

【4位】FUNBARE☆RUNNER - 777☆SISTERS

777☆SISTERS」は作中に登場する事務所「ナナスタ」に所属する12人組ユニット。このユニットは「NI+CORA」、「WITCH NUMBER 4」、「SiSH」、「サンボンリボン」の4ユニットが集まったものであり、アイドルポップを多く歌います。

FUNBARE☆RUNNER』は高めのBPMで王道のアイドルポップで非常に盛り上がりやすい応援ソングとなっています。歌詞はキャッチーですがタイトル通り元気を貰える曲です。

余談ですが、2.5ライブではトリの曲として使われました。全員でバトンを繋ぐ演出は最高でした。

【3位】Fire and Rose - The QUEEN of PURPLE

10位の『TRIGGER』に続いて「QoP」の『Fire and Rose』です。

TRIGGER』のカップリング曲としてリリースされた一曲ですが、衝撃の度合いで言うとこちらの方が上なのではないでしょうか。リリース後まだ半年も経っていないにも関わらず人気の高い楽曲です。

QoP」はナナスタに所属する瀬戸ファーブが「バンド」をテーマにメンバーを集めて結成されたロックバンドという背景があり、オルタナティヴロックとして近未来が舞台ながらも時代に左右されず自分たちの音楽を貫いています。『Fire and Rose』はそんな経緯が色濃く反映された曲ではないでしょうか。

同じロックバンドという括りである「4U」との関係性については色々考察も捗るところですので、是非ストーリーも楽しんでいただきたいですね。

【2位】Cocoro Magical - 777☆SISTERS

2位は「777☆SISTERS」の『Cocoro Magical』です。

ナナシスでは逆に珍しいフレッシュな恋をモチーフにした正統派アイドルソングで直球勝負ながらどこか新しさを感じさせる曲です。とにかくPVが可愛いので見ていただきたいです。

大げさかもしれませんが『Cocoro Magical』こそナナシスの「アイドル作品」としての良さが詰め込まれていると思います。ここまで完成されたアイドルポップスは初めて聴いたのは初めてでした。

ハイテンションなとき、気分が落ち込んでいるとき、ドライブしながら、ジョギングしながら、お仕事しながら、そしてライブでも、どの場面でも映える楽曲だと思います。 名曲揃いの「777☆SISTERS」の中でもとくにおすすめできる一曲です。

【1位】SEVENTH HAVEN - セブンスシスターズ

1位は伝説的アイドルグループ『セブンスシスターズ』の楽曲「SEVENTH HAVEN」です。 重低音かつ超攻撃的なEDMサウンド+かわいいアニメチックな歌声というアンバランスな組み合わせは見事なまでにマッチしています。

伝説のアイドルグループの楽曲ということで最初から要求されたハードルは非常に高いものだというのは想像に難くありません。

私たち支配人側に「カッコいい」と思わせ、ナナスタの女の子たちが『セブンスシスターズ』へ憧れる感情とリンクさせるのは本当に難しかったと思います。しかしそのハードルをそれを軽々と超えてきた渾身の一曲です。

前述のとおり、近年流行のEDM調サウンドにアニソンチックな歌声は非常にマッチしています。この二つをミックスさせて本格的に作品に取り込んだのは恐らくナナシスが初めてであり、これは本当に大きな功績だといえるのではないでしょうか。

まとめ

ナナシスのおすすめ楽曲TOP10をご紹介しました。ナナシスの楽曲には近未来感を感じさせるテクノポップジャンルが多く、大衆の気持ちを上手く利用して世界観とリンクさせているなと思う今日この頃です。

選曲はかなり悩みましたが、冒頭で書いたとおりナナシスへの入り口としてポップ調の曲を多く選びました(好きな曲ランキングを作るとまた違った結果になりそうです)。 「H-A-J-I-M-A-R-I-U-T-A-!!」、「Star☆Glitter」も入れたかったのですがこの2つはおすすめ云々ではなく作品を知ればどの道好きになる曲なので除外させてもらいました。

ナナシスは曲自体にもストーリーがあるのが強みです。好きな曲が出来たら是非ゲームもプレイしてみてはいかがでしょうか。

これをきっかけに「Tokyo 7th シスターズ」に興味を持っていただければいいなと思います。私もまだまだ初心者なので一緒に頑張りましょう!